easeプロジェクト
                          English

推進体制・導入のメリット

EASEプロジェクトの構成


産学官連携体制のもと、企業等からのデータと大学の持つ知見、分析ノウハウ等を基にして、ベストプラクティスの実現・実証を行うとともに、ソフトウェア開発の生産性・信頼性向上につながるフィードバックを企業等に行っていきます。


エンピリカル環境導入のメリット


エンピリカル環境の導入により、生産性の向上や品質の確保につながる次のようなメリットを、ソフトウェア開発の現場等にもたらします。





ページトップへ