easeプロジェクト
                          English

EASEプロジェクトの概要

本プロジェクトは、文部科学省のリーディングプロジェクト「e-Society基盤ソフトウェアの総合開発」の一環としてスタートしたプロジェクトで、信頼性や生産性に課題の多いソフトウェア開発の分野において、科学的根拠に基づく開発手法であるエンピリカルソフトウェア工学(Empirical Software Engineering)の確立を目指しています。




プロジェクトの目標

EASEプロジェクトの目標と、推進方法をご紹介します。


エンピリカル環境

企業内におけるエンピリカル環境導入のイメージ、エンピリカル環境の3つのフェーズについてご紹介します。

推進体制・導入のメリット

EASEプロジェクトの構成、エンピリカル環境導入のメリットについてご紹介します。

海外アドバイザー

EASEプロジェクトの海外アドバイザリーをご紹介します。



ページトップへ