easeプロジェクト
                          English

飯田研究室

奈良先端科学技術大学院大学
情報科学研究科 ソフトウェア設計学講座


講座概要

ソフトウェア設計学講座では、ソフトウェアに求められる機能を単に実現するだけでなく、使いやすさ、わかりやすさ、保守のしやすさなど、さまざまな付加価値の込められたシステムを実現するための手法について幅広く研究しています。特に、開発プロセスのモデル化や分析に力を入れています。また、「モデル化」をキーコンセプトにその周辺技術を幅広く見につけた人材の育成にも努めています。モデル化とは、世の中の事象を一定の視点に基づいて概念整理を行うことであり、抽象化することです。しかし、モデル化技術は学問的には未整備の分野で、どのようにすれば正しいモデルや「センスのよい」モデルが作れるのか明らかではありません。形式言語理論、プロセス代数、グラフ理論などモデル化を支える基礎的な理論や技術をセンスのよい設計に結びつけることが私たちの究極の目標です。


主な研究分野

・プロセスモデリング
・プロジェクト管理支援
・プロセスの分析・改善

プロセスモデリング手法PReP

定量的プロセス管理計画支援ツールEPDG2
 

・ソースコード・クローンの履歴分析
・開発者間メーリングリストでの話題抽出

コードクローン履歴分析ツール
 

・プロジェクトの仮想的再現
・開発プロセス・シミュレーション

プロジェクト再現ツールProject Replayer
 

・レガシーシステムとコンポーネントウェアの共存手法
・デザインパターン検索

 

・分散協調開発支援
・eラーニング環境構築


教授 飯田 元
助教 川口 真司
特任助教 名倉 正剛
E-mail
URL http://sdlab.naist.jp/


ページトップへ