easeプロジェクト
                          English

ご挨拶

鳥居宏次 [奈良先端科学技術大学院大学特任教授]

鳥居宏次 [奈良先端科学技術大学院大学特任教授]

ソフトウェア開発における生産性の向上、及び製品の信頼性の保証は昔から言われ続け、本当に大切なことなのであるが未だ解決されていない。これだけ頑張っても期待通りにならないというのはどこかがおかしいのではないか。研究者だけではうまくいかないし、開発現場の日々の努力だけでも無理がある。残る手段は両者が手を組んで頑張るしかない。我々のEASEプロジェクトはその頑張る場である。現場の協力無くしては成り立たないし、得られる成果を活かせるのも現場でしかない。工学の原点に立ち戻って地道に現場の開発データを集め、データを分析・評価し、改善案を考えて現場に適用するというサイクルをできる限り科学的に実施して、従来とは違った産学連携モデルの実現とソフトウェア開発モデルを改革して、当初の目的を達成しようとしているのである。

 
鶴保征城 [独立行政法人情報処理推進機構ソフトウェア・エンジニアリング・センター 所長]

鶴保征城

[独立行政法人情報処理推進機構
 ソフトウェア・エンジニアリング・センター 所長]

ソフトウェア工学はまだ歴史が浅く、他の分野の工学の水準に達していない。したがって、見通しの良い方法論のもとでソフトウェア構築が整然と進められるようになるには、まだかなりの時間を要する。しかし、IT業界は手をこまねいて方法論の確立を待ってはおれない。まず仮説をたてた上で、着実にデータを集め、それを分析することを始めなければならない。エンピリカル・ソフトウェア工学に大きな期待をする所以だが、大学の先生方には産業の現場に入り込んで、フィールドワークに徹することをお願いしたい。

 
井上克郎 [大阪大学教授]

井上克郎 [大阪大学教授]

大規模ソフトウェアの開発は、膨大な人々の英知と努力の結集が必要であるが、経験とカンを頼りに進めるは余りにも危険が大き過ぎる。開発の現状が正確に把握でき、過去の開発情報が積極的に利用できるエンピリカル環境が普及すれば、開発が安全かつ効率的に行なえるようになろう。




 
松本健一 [奈良先端科学技術大学院大学]

松本健一 [奈良先端科学技術大学院大学]

定量的なデータだけでソフトウェア開発プロジェクトの現状を遍く把握し未来を見通せるわけではない。しかし、多数のプロジェクトの定量的データを横断的に眺めたり、類似プロジェクトとの定量的な差異を詳細に追いかけたりすることで、はじめて見えてくるものもあるはずである。






ページトップへ