easeプロジェクト
                          English

広報・その他

ニューズレター



ニュース・関連情報

EASEプロジェクトの活動が紹介されました。
雑誌

  • 組込みプレス Vol.2 [2005年10月26日発売]
    コラム欄でEPMの紹介
  • COMPUTOPIA [2005年6月号]
    特別対談:ソフトウェア・エンジニアリングが日本のIT産業を支える
    鳥居宏次 VS 鶴保征城
  • 日経ITプロフェッショナル[2005年3月1日号]
    特集3 EASEプロジェクトに見る計測・定量化の実践
  • SEC journal [2005年1月25日号]
    組織紹介 EASEプロジェクト
  • 日経コンピュータ[2004年12月13日号]
    特集 日本のソフト開発力を取り戻せ
  • COMPUTER & NETWORK LAN[2004年12月号]
    特集 ユビキタス時代のソフトウェアエンジニアリング
    今、日本が必要とするソフトウェア・エンジニアリングの確立
  • 日経コンピュータ[2004年6月28日号]
    REPORT 現場志向のソフト工学拠点を目指す 
    NTTソフト前社長・鶴保氏率いる「SEC」始動
  • 日経ITプロフェッショナル[2004年4月1日号]
    特集1 ITエンジニア、20の新常識 業界編
  • 日経コンピュータ[2003年12月1日号]
    新たなソフト工学に挑む“4人の巨匠”計測を重視し、開発の失敗を防ぐ

新聞
  • 日刊工業新聞[2005年7月6日]
    奈良先端大、ソフト開発管理支援ツールを開発
  • 日経産業新聞 [2005年6月30日]
    奈良先端大、ソフト開発管理支援ツールを開発
  • 日刊工業新聞 [2004年3月11日]
    進化する日本力/第2部・知の現場(8)敷居−産と学、絆強め連携の実
  • 日刊工業新聞[2003年11月14日]
    インタビュー EASEプロジェクト代表・鳥居宏次氏 −ソフト開発工程を定量化
  • 日刊工業新聞[2003年11月5日]
    奈良先端大、東京で「EASE国際フォーラム」開催

関連書籍
  • ソフトウェア工学・システム工学ハンドブック
    エンピリカルアプローチによる法則とその理論
      Albert Endres , Dieter Rombach 共著
      吉舗 紀子 訳
      EASEプロジェクト 監修
      株式会社 コンピュータ・エージ社 発行


知的所有権

  • 楫,田口,野田,“ディジタル情報の流通制御方法”,特願2003-131005,2003年5月提出.
  • 門田,佐藤,神崎,“プログラム難読化装置, プログラム難読化プログラム及びプログラム難読化方法”,特願2003-202795,2003年7月提出.
  • 松本,門田,大杉,角田,“欠落データ推定装置, 欠落データ推定プログラム及び欠落データ推定方法”,特願2003-377617,2003年11月提出.


プレスリリース



ページトップへ