easeプロジェクト
                          English

イベント

第1回EASE国際フォーラム 講演資料

講演: EASEプロジェクト概要
鳥居宏次 奈良先端科学技術大学院大学学長 (EASEプロジェクト代表)
基調講演1: Empirical Software Engineering: The Synergistic Relationship between Research and Practice
Prof. Victor R. Basili (米国・メリーランド大学教授/フラウンホファセンター・メリーランドセンター長)
基調講演2: Applied Research & Technology Transfer at Fraunhofer IESE: Benefits to Industry
Prof. Dr. Dieter H.Rombach (独、カイザースロータン大学教授/フラウンホーファ実験的ソフトウェア工学研究所所長)
基調講演3: Some Critical Success Factors for Industrial/Academic Collaboration in Empirical Software Engineering
Prof. Barry W.Boehm (米国、サザンカリフォルニア大学教授)
基調講演4: NICTA Research and Empirical Software Engineering
Prof. Ross Jeffery (豪、ニューサウスウェールズ大学教授)
講演: EASEプロジェクトで目指すエンピリカル環境について」(English version)
井上克郎 (大阪大学教授)
Q&Aセッション: Prof. Basili, Prof. Rombach, Prof. Boehm, Prof. Jeffery, 井上教授 , 有賀貞一 (CSK取締役副会長):「ITサービス業界における問題とCSKにおける生産性・品質向上に関する実践

コーディネータ:鶴保征城(NTTソフトウェア取締役相談役)
Q&A セッションで回収した質問票の中で、ご質問の多かったものについては、こちら

ページトップへ